古代史BOOK

⑦沈黙の八幡神殿

神代の残像総伝

沈黙の八幡神殿(ミド)
不思議の古代史の全体像が見えてくる!
現われた日本列島最大の三ツ星配置ーそれは天につづくホキ!
A5版270ページ/パートカラー版/市川慎・著


 世界の仕組みが見えてくる最後の一編
●ピラミッドの存在を伝承していた神社の祭り→これが本編のプロローグになっています。
神代の残像に残っていた最後のひと山!
西播磨の三ツ星配置には、奥の院千が峰が含まれていた!
ここから解けていく最後の謎が残っていたのだ。

酒井勝軍は、ピラミッドは「全体」として存在している、と云っている。だが、その「全体」が何を意味しているのかは説明していない。
その「全体」が現われる。ピラミッドはその中の部分としての存在だった。
本編で、残っていた謎が現われる!
●日本列島最大の鳥居と神殿!
●大神殿の原型は天のホキ!
●生まれる時に渡ったミドの川とは三途の川!
●播磨風土記に赤穂郡の記載がなかった理由?
●オオナムチとは子牛神!
●但馬の守り神スクナヒコナは粟島大神!
●全ての神々は、牛・蛇・ヤハに集約される!
●牛・蛇・ヤハが示したものは生命の根源!
●残った謎は一つしかないーそれが秘宝の正体か?
●時間の流れー歴史のホキ・・イの神スの神の謎?
●忌数字の十三・・エフライム支族は十三番目の支族!
●諏訪大神の正体とはー?
●八幡山連峰ヒメコ山のヒメコの正体!

「全体」としてのピラミッド群とは、世界を構成する骨子だった。
その最も小さな世界として残されたのが神社だったのだ。
世界の古代史の全てがこの中に存在している。
それを全体として見通す骨子ー、これが「全体としてのピラミッド配置」ー。
多くの古代史家の研究は、ここから見通す古代史のいずれかにつながってくる。
本編で、全体としての古代史が見えてくるはずです

-----------------------------------------------
        目次
プロローグ

第一編 山上神殿ピラミッド
第一章 謎の三柱鳥居
その一、鳥居の起源と種類
その二、三ツ山祭の前身
その三、緯度と経度

 第二章 八幡山三所
その一、八幡山十六方位
その二、ヒメコ山連峰
その三、拝殿と狛犬

 第三章 播磨神殿と奥の院千ヶ峰
その一、峰山大神殿
その二、人類創生伝承
その三、奥の院千ヶ峰
その四、生命の樹

 第四章 神輿に乗るもの
 その一、神輿の乗り手
その二、渡るミドの川
その三、謎の南西/死出の山

 第五章 神が視たオリオン
 その一、最大の三ツ星配置
その二、天のホキ
 その三、逆転のオリオン
 その四、生命の木の秘密

 第二編 スの神/謎のヒメコ
第六章 牛神の謎 
その一、子牛神オオナムチ
 その二、粟島神スクナヒコ
その三、イヒ・ラー・ホルス

第七章 気比大神の謎
その一、敦賀の気比神宮
その二、別名、御食津神
その三、笥飯は諏訪
その四、聖書系譜

 第八章 比売神ヒメコの謎
その一、イサ神スサ神
その二、ヒメコの素性

エピローグ
■巻末資料

---------------------------------------
◆⇒送付方法と支払い方法


価格:2,500円
在庫数 : 4
注文数:
| ホーム |

カートの中身

商品検索

カートの中身

商品検索

Copyright c 2005 古代史BOOK. all rights reserved.