古代史BOOK

④神代の残像

姫の国への道標完結編
●古事記の謎は冒頭で解ける!
国生み神話冒頭に込めた古事記のヒント!
それは事実の古代史を示唆しているのか?

A5版330ページ/パートカラー版/市川慎・著



古事記が冒頭で記した示唆!
古事記の謎は、国生み神話の冒頭で解ける!
ここから現われていく日本草創・紀元前600年の古代史
なぜ、3つのピラミッドが必要だったのかー?
ピラミッドは星座信仰による国造りの基点ー!
それは、古代ユダヤのカッパーラによる国造りだった!
日本列島の都市配置の雛形が→八幡山市川流域で創られ→拡大形が揖保川流域でテストされ→そして、国づくりが行われた!
イヤとコヤが、ツルキで出会い、タチノ地名で終わる。
全国に存在するイヤ・コヤの地名配置は、星座信仰から産まれた国土配置の残像なのか?
ご存知でしたかー?
熊野が「イヤ」と読む地名だったことが、数年前の台風速報で全国に流れました。これに不思議を感じた方が何人いたのでしょうかー?

かごめ唄から現われる古事記の秘密!
記紀が流した蛭子と淡島!それはまさしく、うしろの正面だった!
・鶴と亀がすべった・・・謎を解くカギは、夜明けの晩
  カゴメ唄には、国造りの謎が唄いこまれている。
  夜明けの晩に現れるものとは何か・・
     カゴメ唄の謎は解けます。

・日本列島の造化三神とは・・。
  列島を造った三人の天皇・・神武・祟神・応神ではない!
全ての謎は、火明命で解ける!
火明命とは何だったのか?
ピラミッドラインは大和王朝へとつながっていく・・

---------------------------------------------------------------------------------------------------------
        目  次
プロローグ
第一章 列島真実のあけぼの
 その一、ホキの示唆
その二、飯盛山のオリオン
 その三、古事記の冒頭

 第二章 封印の姫路仙洞
その一、イヤ・コヤ地名の謎
その二、瀬加地名の謎
その三、マナイの誓約とスサノオの謎

 第三章 伊和大神の謎
その一、現われたヒミジ仙洞
その二、伊和神の祖神
その三、境外摂末社とたたら鉄
その四、うしろの正面

 第四章 大和へ向かうピラミッドライン
 その一、那岐山阿波地名の謎
その二、蛭子神の正体
その三、阿波・江波・宇波・波多
その四、謎の矢筈山ライン

第五章 神代からの伝言
その一、忍穂耳と火明の謎
その二、伝説のカラ
 その三、神代の伝言
その四、天孫降臨

エピローグ
巻末資料

価格:2,500円
在庫数 : 2
注文数:

カートの中身

商品検索

カートの中身

商品検索

Copyright c 2005 古代史BOOK. all rights reserved.